四月(卯月)

四月の別名は「卯月」。
これは、卯の花が咲く月だから「卯の花月」、というのが略されて、「卯月」になったということです。
他には「花残月」「植月」「孟夏」「始夏」「夏初月」などがあります。
そろそろ春の花の時期が終わり、夏が近づく時期なのですね。

ところで卯の花はどんな花か、ご存知ですか?
卯の花は、ユキノシタ科ウツギ属のウツギという落葉低木。
この時期、枝垂れの枝に真っ白い小さな花が沢山群れ咲きます。

その様子は歌曲「夏は来ぬ」に「♪卯の花の匂う垣根にホトトギス早も来鳴きて♪」と詠われています。
卯の花には香りはないので、この歌詞の「匂う」は、匂うほどに白く咲き乱れている様子を表しているといわれています。

ところで、卯の花と聞くと、花より食べ物の「おから」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
「おから」は豆腐を作る際に豆乳を絞って出来る搾りかすのことです。
白い見た目は卯の花によく似ているし、「かす」は「殻(から)」とも呼びます。
ここから、この搾りかすを「おから」と呼ぶようになりました。

「おから」の「から」は「空」とも書け、「空木(ウツギ)」に字も見た目も通ずることから、 「おから」は「卯の花」とも呼ばれるようになったようです。

花の名が月の名にもなり、食べ物の名前にもなる。連想ゲームだったり、掛詞だったり、日本人は言葉をとても豊かな感性で使ってきたのですね。

灌仏会

四月八日はお釈迦様のお生まれになった日。
仏性会(ぶっしょうえ)、誕生会(たんじょうえ)、また、「花まつり」ともいわれます。

この日、お寺では花で飾ったお堂、花御堂(はなみどう)を設け、そこに安置した仏様に甘茶を灌ぎます。

お釈迦様がお生まれになった時、天に九匹の龍が現れ、甘露の雨が降り灌いだ、という伝説が残っています。
この甘露の雨の代わりとして、甘茶をかけるようになったということです。
咲きにおう花の季節に、お釈迦様のお誕生を祝いながら、花も愛でられる心和らぐ行事です。

おうちで楽しむ花の祭り

桜柄小風呂敷タペストリー

つぼみが膨らみ、咲きはじめ、咲き匂い、咲き乱れ、そして散り始め、振りしきり、歩道に散り敷かれ、水面に花筏を作る。
桜の命は短いけれど、そのひとつひとつがドラマティック。
毎年、開花予想に一喜一憂させてくれる、桜は日本人への素晴らしい贈り物。

桜柄平包み

春は出会いと別れの季節。
その際のご挨拶のお品、出来れば風呂敷に包んで差し上げると喜んで頂けます。
画像は格調高い平包み。結ばない包みです。見せたい角の柄が、よく見える包み方です。