七月(文月)

七月の別名は「文月」。
ふみづき、又はふづきと読みます。
文月の由来は、七夕伝説 古くは「乞巧奠(きこうでん、きっこうでん)」という風習からと言われています。

「乞巧奠」は、日本古来の棚機女(たなばたつめ)の信仰や、中国の織姫・牽牛の星祭りが重なり、 宮中を中心に技芸の上達を祈る七夕行事として行われてきたものです。

女性は織物や裁縫の、男性は書道や詩歌の上達を願うことから、文の月、文月となったというのが定説です。

他には、稲穂が膨らむ月で、稲を含む「稲含み月」、それが、「含み月」となり、「ふみづき(文月)」となった、という説もあります。
稲穂をよく見るから「穂見月」で「ふみづき」とも。
本人と稲作は切っても切れないご縁があるのですね。

七夕と三つの風習

今も続く、笹の葉に願いを書いた短冊を結び祈る七夕の行事は、実は江戸時代に生まれたものです。

七夕は中国から伝わった伝統的な風習や伝説と、日本で行われてきた行事などが重なり合って、今の形になったものと思われます。
諸説ありますが、大きくは三つのことが重なったとされています。
その一つが、「乞巧奠(きこうでん、きっこうでん)」。
中国から農耕や天文学を利用した暦が伝わって来た際に一緒に伝わったとされる風習です。
「乞巧奠」は、糸や針の仕事を司るといわれた「織女星(織姫星)」が輝いてよく見える「七夕」の夜、 中国で技巧や芸能の上達を願って行われた風習です。
これが、日本の宮中にも広まり、宮中の女性達が、機織やお裁縫が上手くなる事を祈り、御供え物をする女性の祭りとなったと言われています。

二つ目は、中国で農耕のための天体観測から生まれた、「星伝説」です。
七夕といえば天の川ですが、七月七日によく見えるでしょうか?
実は現在の七夕、7月7日は、大抵は梅雨の時期。
天候が悪いことが多く、星を見るには適していません。
昔は旧暦で行われていたので、七夕は現在の八月。
この頃は星の群れの天の川を挟んで、こと座のベガの「織姫星」、わし座のアルタイルの「彦星」が、よく見えます。
中国では古くから「彦星」は農耕に適した時期に明るく見えるので、「農事」の基準とする星と考えました。
同様に天の川を挟み輝く「織姫星」を養蚕や織物、針仕事の星と考えるようになったようです。
この星伝説が日本に伝わり、農業が本格的になる時期と、星が良く見える夜に「七夕」を行う様になったのです。

三つ目は、日本に古くから伝わる棚機女(たなばたつめ)信仰です。
棚機女とは、水辺で神の衣を織りながら神の訪れを待ち、やがて神の妻となる巫女となる、というものです。
現在、「七夕」がたなばたと読むのは、この「棚機」が由来だからです。

中国から伝わった「乞巧奠」と「星伝説」、そして日本の「棚機女」信仰、これらが混ざり合って、現在に続く「七夕」行事になってきたと考えられます。

日本のモノコトを調べる度、毎回感じることがあります。
日本人は外からの異質な文化を、排除せず、しかし全部でなく都合よく、日本文化と融合させてきました。
衝突すれば戦争になる。全部容れれば占領される。そこを争わず、実に見事に取捨選択しながら融合させてきた結果を、この「七夕」に見ることが出来るように思います。

今は単に笹の葉に短冊を飾る行事となった「七夕」ですが、実に豊かで賢い日本の選択の結実として、改めて見直したいものです。

土用

土用は中国の陰陽五行説から来た言葉。
本来は「土旺用事」で、それが略され、土用となりました。
「土旺用事」は、「土の気が旺(さかん)になり事を用うる」という意味で、又「旺」は、働きという意味があり、土の気が最もよく働く期間を示します。

陰陽五行説は、自然界のあらゆるものを「蔭」と「陽」にわけた「陰陽論」と、 自然界は木(もく)火(か)土(ど)金(ごん)水(すい)の5つの要素で成り立つとする「五行説」を組み合わせ、 あらゆる現象を説明する理論です。

五行説の5つの要素を四季にあてはめると「土」だけが残ります。
そこで、各季節の変わり目の18日間を「土」を割り当て、それを「土用」としました。
ですので、本来は土用は春夏秋冬四回あったのですが、現在は夏土用のみを土用というようになりました。

夏の土用は暑い盛りで夏バテしがちです。
土用餅、土用卵、土用しじみなど、夏土用には精がつく食べ物をとるようになりました。

鰻はと言えば、万葉集の巻十六に、大伴家持が吉田石麻呂の夏痩せを見て『石麻呂にわれもの申す夏痩せに良しというものぞ鰻捕り食せ』と歌った歌があります。
このようにかなり古くから、体力が落ちる夏には、鰻を食べて精をつける風習があったことがわかります。

それでは土用なら何時でもよいはずが、なぜ丑の日が特別に言われるようになったのでしょう?
これには諸説ありますが、代表的なものは平賀源内説です。
元々、 夏の土用の丑の日に「うのつく食べ物を食べると夏負けしない」と言い伝えられ、うどんや梅干しなどが食べられていました。
鰻も「う」がつくけれど、実は鰻は、冬眠を前に身に栄養分を蓄える、晩秋から初冬が最も美味しい時期。
夏はあまり食べられていませんでした。
それで、ある鰻屋さんが夏場に鰻が売れないで困り、源内先生に相談をもちかけました。
すると源内先生は「本日、土用の丑の日」という大きな看板(又は幟)を出し、鰻を食べると薬になると宣伝しなさい。」とアドバイスしたそう。
その結果、その鰻屋さんは大層繁盛し、その後は他の鰻屋さんも真似るようになり、「土用の丑の日には鰻を食べる」風習が定着した、ということ。
他にも諸説ありますが、味が落ちる夏の鰻を売る為の商人の知恵が、実はこの優れたキャッチフレーズの生みの親かもしれないなと思ったりもします。
ともかくも、ビタミンAやDが豊富な鰻、丑の日だけでなく是非夏は頂きましょう。

おうちで楽しむ七夕

七夕柄小風呂敷タペストリー

黒を基調としたスタイリッシュなデザイン。大人の七夕、楽しみましょう。

七夕柄で和菓子ギフト包み

夏の訪問の手土産には、涼しげな寒天の和菓子やゼリーがぴったり。
小さいものはこうして手提げでお持ちすると小粋です。