五月(皐月)

五月の別名は「さつき」。
その由来はいくつかあります。
「さ」は、古くは耕作を意味する言葉。耕作を始める月だから、「さつき」となったという説。

早苗を植える月であることから、「早苗月(さなえづき)」となり、それが略され、「さつき」となったという説。

いずれにしても、旧暦五月は耕作を始める月で、「さつき」となったようです。
そして、後に皐月の漢字が使われるようになります。

皐月の「皐」という漢字は、「神に捧げる稲」という意味。
早苗で植えて無事に実った稲を神に捧げる。
「皐月」の響きと文字には、収穫への祈りと感謝が込められているように思います。

端午の節句

端午の「端」は、はしっこ、という意味。
端午は、月の始めの牛(うし)の日ということですが、漢代以後に「ご」の音が重なる五月五日になったといわれています。

今でこそ、五月五日は端午の節句として子供の成長を祈るお祝いの行事ですが、中国では古来、五月は悪月とされました。
古代の中国では、この頃は雨が多く、天災や戦乱が重なった時期だったようで、禁忌多く、忌み慎む月だったようです。
そのため、五月五日は無病息災を願う、邪気払い、魔除けの行事が色々行われました。
野に出て草を踏み、持ち帰った蓬や菖蒲で人形を作り、門戸や軒下に飾る。摘んだ薬草で薬湯に入ったり、薬草酒を飲む。
端午の日には、このようにして邪気払いをしたのです。

日本もこの時期は、梅雨で水の被害が出たり、ものも傷みやすく体調を崩しやすい時期。
この中国の邪気払いが日本に伝わり、宮中行事として取り入れられていきます。

そして、公家から武家に伝わると、菖蒲は尚武に通じることから、端午の節句は、邪気払いから男子の節句に変わっていきます。
武家では、家紋を記した幟を立て、鎧兜や弓矢などを飾るようになります。

江戸時代になると、この行事は庶民にも広がっていきます。
滝登りをして龍になる鯉に、出世の願いを託し、鯉のぼりが立てられるようになりました。

ちなみに吹流しの五色、青、白、赤、黒、黄、は、仁・義・礼・智・信の五常の心を表し、厄除けの意味もあります。
年中行事のモノコトのひとつひとつに、先人の祈りや願いが込められているのを感じます。

おうちで楽しむ端午の節句

鯉のぼり柄小風呂敷タペストリー

鯉のぼりをお庭に立てるおうちも少なくなりました。
せめて、家の壁ででも、鯉のぼりをゆうゆう泳がせてやりませんか?

鯉のぼり柄小風呂敷ペットボトル包み

戸外に出て過ごしたくなる、風薫り、爽やかな季節。
水分をこまめにとる方がよいのです。
ペットボトルの持ち歩きには、風呂敷で包むと便利です♪