九月(長月)

九月の別名は「長月(ながつき)」。
旧暦の九月ですから、新暦では十月上旬から十一月上旬にあたります。

現代の日本では秋。「秋の夜長」という言葉があるように、夜が長くなる時期です。
それで「夜長月」と呼ばれ、短く「長月」になったといわれています。

また、秋のこの時期は雨も多い季節で、「長雨月」と呼ばれることもあったようで、ここから「長月」となったという説もあります。
他には稲刈月、穂長月、穂刈月のように、稲が実り穂を刈る時期だということがわかります。
又、菊月、菊開月、など菊の花にまつわる名前もついています。
野に菊の花が咲き乱れる様子に秋の深まりを感じたのでしょう。

重陽の節句

九月九日は重陽の節句。
中国の陰陽思想では、奇数は「陽」の数字でおめでたいとされました。
しかし、それが重なると邪気が生じると考えられ、それを祓うための行事が生まれました。

三月三日の雛祭り、五月五日の端午の節句などもこの陰陽思想から生まれたもので、この奇数の最大の九が重なる日が重陽です。

この頃は、菊の花が盛りの頃。
宮中では菊の花の美しさを愛で、詩歌を詠み楽しむ「菊花の宴」が行われました。
菊の花は美しいだけでなく、中国で漢の時代より延命効果があり、不老長寿のシンボルだと考えられてきました。
日本には薬草として伝わり、腰痛や胃腸の不調、体調を整える効能があるとされました。
漢方では、菊の蕾は咳止めや婦人病に対して用いられています。
この菊の効能を使い、菊の花や花びらを浮かべたり浸したりした「菊酒」を飲んで、長寿や健康を祈ったりもしました。
重陽の節句の前夜には、菊花に綿をかぶせ花の露を含ませ、九日の早朝に、露を含んだ綿で顔や体を拭いました。
これが「菊の着せ綿」という行事です。
菊の花の薬効や不老長寿の力を信じ、こうすることで若さと健康を保ち、長寿を願ったということです。

現在の新暦では、九月九日は菊の盛りとはずれています。
収穫の時期とかぶることもあり、残念ながら現在では、重陽の節句はほとんど見られなくなりました。

なじみが薄くなった重陽の行事ですが、長寿を願い、年配の人を大切にしてきた心は、絶やすことなく受け継いでいきたいものです。

秋分と秋分の日

秋分とは春の春分と同様、昼夜の長さが同じになる秋の日のことです。
春分よりも温度は高いし、まだまだ暑い日もありますが、それでも朝夕は涼しくなり、日ごとに日が短くなっていきます。

古来日本では、稲作をはじめる春分の頃に豊作を祈り、収穫の時期の秋分の頃に豊作を祝う自然信仰がありました。
その自然信仰の中に、山の神様である祖霊を春分前に里に迎え、秋分が終わると里から山へお送りする風習がありました。
そこへ仏教が浸透していきます。
祖霊信仰に仏教の教えが重なり、次第に春分は「彼岸」として、秋分は「秋彼岸」として、祖先を供養する日に変わっていきました。
秋分の三日前は「彼岸の入り」、三日後は「彼岸の明け」、秋分・春分はちょうどその中間に位置するので、「彼岸の中日」と呼ばれます。
明治時代には、秋分の中日が「秋季皇霊祭」と定められ、宮中において祖先をまつる日とされました。
その後、秋季皇霊祭は、祖先をうやまい、亡くなった人を忍ぶ日として、国民の祝日の「秋分の日」となりました。
秋分の中日「秋分の日」は、まさにお彼岸として、ご先祖様をご供養し偲ぶ日なのです。

おはぎとぼたもち

おはぎとぼたもち、どちらもお彼岸にはつきもののお供えですが、どこが違うのでしょうか?

実は、おはぎとぼたもちは基本的には同じもの。
ただ、作られる季節や材料、形状により、呼び方が違うことがあるようです。

ぼたもちは漢字で書くと「牡丹餅」。春の彼岸の頃に咲く牡丹の花に因んでいます。
おはぎは漢字で書くと「お萩」。秋の彼岸の頃に咲く萩の花に因んだ名です。

このように春はぼたもち、秋はおはぎと季節で呼び分けられていたこともあるようですが、現在では季節での呼び分けは少なくなったようです。

同じものではあったけれど、昔は春は漉しあん、秋は粒あん、という違いはあったようです。
秋は収穫仕立ての小豆なので、皮まで柔らかいので、秋のおはぎには粒あんを使いました。
小さい小豆の粒は、まさに小ぶりで可憐な萩の花に見えたのでしょう。

昔の春の小豆は、冬を越して皮が硬くなっています。
それで春のぼたもちには漉しあんを使ったようですが、現在ではそんなことは必要なくなったようです。
又、餅状のものと米粒が残ったもの、もち米主なものとうるち米主なもの、きな粉を使ったものとそうでないもの、 など形状の違いで呼び分けることもあったようです。

呼び名はどうでも、ぼたもちやおはぎはご先祖様へのお供えとなり、お下がりとして沢山の喜びと栄養をご一緒にいただける、 日本古来の有難いスィーツ。暫し、ご先祖様へ想いをはせながら、今年のお彼岸は是非ぼたもちを♪

おうちで楽しむお月見

お月見柄小風呂敷タペストリー

十五夜のお月見にはお団子がつきもの。
収穫に感謝し、美しい月を愛でながら、お団子いただきましょう♪

お月見柄小風呂敷瓶包み

春の花見酒、冬の雪見酒、と並んで、秋は月見酒。
好みのお酒を用意して、月見の宴といきましょう。