十一月(霜月)

11月の別名が霜月というのは、沢山霜が降るので霜降月、それが霜月となったと伝えられています。

子どもの頃、冷えて霜の降りた晩秋の朝は、通学路でわざわざ霜があるところを歩いたものでした。
踏んだ時のサクサクという音、ふわっとした感触、吐く息が白くなるピリとした冷気、霜は清冽な冬への誘いでした。

舗装道路が増えた昨今ですが、公園や路地など、土の道路もまだまだ健在です。
冷え込んだ朝、ちょいと早起きして、霜の降りた道を歩いてみませんか?
霜を踏む音、吐く息の白さ、清らな冷気、日本の冬の到来が全身に伝わってきます。

小春日和

霜月11月の初旬は、秋晴れが続きますが、次第に朝晩は冷え込み、昼夜の寒暖の差が激しくなります。
中旬には霜が降り、山野だけでなく、街路樹も鮮やかに色づいていきます。
下旬は落葉が舞い始め、真冬並みの寒さになることもあります。

その寒さが緩んだあとの、穏やかで風もなく、まるで春のような晴れの日。これを「小春日和」といいます。
「日和」というのは、空模様、お天気のことで、また、晴れた日も意味し、そこから、何かをするのによい天気として使われるようになりました。

それでは「小春」とは何かというと、陰暦の10月のこと。今の暦では10月下旬から12月初旬です。
この時期、晴れた陽気が、春のような気分にさせてくれるので、「小春日和」と呼ばれるようになったのだといわれています。

紅葉狩り

朝晩の冷え込みが激しくなると、日本の山河は紅葉で彩り濃く、艶やかに染まっていきます。
日本人は、この美しい紅葉を桜と同様、古来より愛でて来ました。
全国の広葉樹が色づく時期を結んだ線は、「桜前線」同様、「紅葉前線」として、天気予報でも毎年伝えられます。

紅葉で染まった見事な情景を楽しむ風習は、奈良時代から始まったといわれ、紅葉を詠んだ歌は「万葉集」にも登場しています。
平安時代には、紅葉を見に出かけたり、紅葉を愛でる宴も開かれていました。
江戸時代になると、庶民も紅葉を見て楽しむようになり、季節行事として、根付いていきました。

ところで、桜を見るのは「花見」というのに、なぜ紅葉を見るのは「紅葉狩り」というのでしょうか?
「狩り」というのは、普通は鳥や獣を捕らえることを言います。
ただ、「狩り」には、花や草木を探しもとめる意味もあるようで、果物の採取にも使われます。
「潮干狩り」「きのこ狩り」「いちご狩り」「蛍狩り」などにも狩りが使われています。
「紅葉狩り」もその一つなのでしょう。今でも、紅葉を集めて楽しむこともあるので、それを「狩り」と形容したのかもしれません。

何はともあれ、紅葉を楽しむには最適な季節です。手作りのお弁当を持って、散歩やハイキングに出かけてみてはいかがですか?

おうちで楽しむ紅葉狩り

紅葉柄小風呂敷タペストリー

鮮やかな紅葉を円障子から覗く柄の小風呂敷を、タペストリー棒に通して、壁にかけるだけで、おうちで紅葉狩りが楽しめます♪

手作りのお弁当も紅葉柄でどうぞ♪